高精度地図データベースとは

絶対位置精度がセンチメートル級の高精度な三次元空間情報を持つ地図は、クルマの自動走行(自動運転)を含む新たな交通システムの実現のために、様々な研究・調査に利用されています。当社は、創業来培ってきた高精度な演算技術、高精度に位置情報を取得する技術の裏付けと道路構造や地理空間情報といった知識ノウハウ、開発型企業である特徴を活かし、自動走行システム用の高精度三次元地図データを実際に取得・解析・作成し、必要に応じて付加情報までを定義可能なデータベース構築の研究・開発を行っています。当社の高精度三次元地図データベースは、このような市場ニーズを背景に生まれ、様々な業務・研究等を通じて今日も進化を続けています。

MMS(7台保有)

MMS取得点群から各道路地物を3D図化


ベクター化した図面を用いて各道路地物をリンクさせ、データベース化


CONTENTSコンテンツ

CONTACTお問い合わせ

pagetop