活動報告

「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)」

内閣府「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)」における
マルチ GNSSによる高精度衛星測位の調査と評価

近年、米国の GPS や日本の準天頂衛星システムをはじめとする複数の衛星測位システム(マルチ GNSS)の利用が可能となってきていることより、精度や可用性はこの数年で著しく進展しています。その中で日本では、2018 年の実用サービス開始に向け整備を進めている準天頂衛星システムについての各種精度向上(補強)方式が計画されています。当社は、当社が代表機関となって「衛星測位活用検討コンソーシアム」を設立して2014年度より業務を受託し、衛星測位技術の調査・評価を行い、高精度な衛星測位技術が自動車の高精度な位置特定手段としてどこまで利用可能かの調査、評価に取り組んでいます。
・経済産業省「衛星測位活用による自動走行システムの高度化に向けた基礎評価に関する調査」

関連プレスリリース

関連プレスリリース

経済産業省
「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)走行映像データベース」

当社は本業務の計測支援を行っています。

経済産業省
「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)ダイナミックマップ」

「SIP・自動走行システム」では、東京オリンピック・パラリンピックを一里塚として、自動走行(自動運転)を含む新たな交通システムを実現し、事故や渋滞を抜本的に削減、移動の利便性を飛躍的に向上させることを目指しています。その中で、従来のカーナビゲーションシステム用の二次元地図と比べて、一桁以上高精度の絶対位置精度がセンチメートル級の三次元空間情報を持つ、静的情報・准静的情報・准動的情報・動的情報を組み込んだデジタル地図「ダイナミックマップ」の開発は、自動走行システム実現に向けて中核を担う重要な要素といえます。

アイサンは、三菱電機株式会社を主査とする「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」に参画し、内閣府の2015年度委託事業「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)・自動走行システム」の検討課題のひとつである「自動走行システムの実現に向けた諸課題とその解決の方向性に関する調査・検討におけるダイナミックマップ構築に向けた試作・評価に係る調査検討」を2015年度に受託しました。

「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」では、日本の産業競争力強化に資する体制を構築し、日本発の国際標準化を視野に入れ、「ダイナミックマップ」構築に向けた試作・評価に関する調査検討に取り組んでいきます。

ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム 参加企業(主査以下はアイウエオ順・敬称略)

●三菱電機株式会社(主査)
●アイサンテクノロジー株式会社
●インクリメント・ピー株式会社
●株式会社ゼンリン
●株式会社トヨタマップマスター
●株式会社パスコ
●株式会社三菱総合研究所

「アーバンドライブワーキング(インターネットITS協議会)」に係る取組み

アイサンテクノロジー株式会社と国立大学法人名古屋大学が中心となって2014年9月に発足したインターネットITS協議会(IIC)のワーキンググループで、自動運転技術の実用化と市場創出に向けて、愛知県名古屋市守山地区での自動運転技術の公道実証実験を2015年より実施しています。

本ワーキンググループでは、主に自動運転システムのプラットフォーム技術、並びに高精度地図技術やセンサ融合技術など、単独の企業では開発が困難な技術課題を設定し、愛知県を中心に自動運転技術の公道実証実験を展開していますが、自動車に限定せず、将来のパーソナルモビリティも視野に入れた広義の自動運転の技術検証および社会受容性検証を展開する活動を行っています。

また当社は、名古屋大学並びにインクリメントP株式会社との共同で、自動運転実証実験および研究開発向け「高精度3次元ナビゲーションシステム 3Dツインナビ」を開発するなど、今後の製品化も視野に取り組んでいます。

アーバンドライブワーキンググループ

参加企業(五十音順,敬称略)

アイサンテクノロジー株式会社(主査)、イーソル株式会社、インクリメントP株式会社、インテル株式会社、株式会社IIC、株式会社ZMP、測位衛星技術株式会社、北陽電機株式会社

指導役

国立大学法人名古屋大学

協力大学等

国立大学法人長崎大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所

関連プレスリリース

愛知県幸田町における「高精度3次元地図を利用した自動運転実証実験」実施のお知らせ

省エネに資する自動走行のためのデータ分析の調査を経済産業省より受託

自動走行技術を用いた速度コントロール導入による燃費向上効果の調査を経済産業省より受託

CONTACTお問い合わせ

pagetop