アプリケーション開発

MMS・UAV・レーザー等で計測したデータを地理空間情報として扱うためには、計測データを解析して利用目的に応じた座標系(位置情報)に補正する後処理工程が必要です。アイサンテクノロジーでは、MMS・UAV・レーザー等で計測したデータを様々な分野に利用できるように、常に新しい生産ツールアプリケーションの開発も行っています。

MMS-Viewer

MMSで取得した軌跡、写真、点群を1画面で確認することが出来ます。 レイアウト変更も可能で、用途に応じた閲覧が可能です。

詳しくはコチラ

MMS-Tracer

MMSで取得したデータから、道路設置物の測量を机上で行うことができるデスクトップ測量システムです。早く、安全に高精度3次元道路地図の作成が可能です。

詳しくはコチラ

点群-Editor

MMSや3Dレーザースキャナーで取得した大量点群データの編集が可能です。

詳しくはコチラ

Wingneo INFINITY

慣れ親しんだ測量CADでの、図面作成、実務作業を簡単に行えます。点群データ編集から、平面図作成はもちろんの事、点群切り出しからの縦横断現況データを作成し縦断図・横断図の作成が行えます。

詳しくはコチラ

MMSオルソジェネレータ

MMSの計測データ(写真と点群)の合成処理により高解像度画像のオルソデータを作成することが出来ます。高解像度のオルソにより、路面のペイント、マンホール等は元より、ひび割れも確認することが出来ます。

詳しくはコチラ

3DWING

新開発の3次元点群処理エンジンによる100億点の大規模点群読み込み対応と、ワンクリックで点群を自動物体認識、エッジ抽出機能(特許出願中)を搭載、世界トップクラスの点群処理機能を実現し画期的に作業の効率化を支援するツールです。

詳しくはコチラ

CONTENTSコンテンツ

CONTACTお問い合わせ

pagetop